WICの中から

機構設計者が株式投資や育児に奮闘するblog

何でもできる人が一番カッコいい、ハードウェアハッカーを読んでそう感じた話

ハードウェアハッカー、ようやく読了しました。 著者のアンドリュー・バニー・ファン氏の世界は恐ろしく広く、量産に関する話からエレクトロニクス・電子部品(チップ)に関する知識、中国の偽物に対する深い洞察、スタートアップやクラウドファンディングの体…

ハードウェアハッカー 第一部 量産という冒険、に感情を揺さぶられた

量産について思いの丈を書き殴らずにはいられない!なんてこった、なんてっこった! 全4部の、まだ1部しか読み切っていないにもかかわらず、感想を書きたい衝動に駆られてしまった。量産について綴られた第一部は、量産設計を生業とする僕を熱く焚きつけるも…

ロストテクノロジー「ファイストスの円盤」のロマンと教訓

「銃・病原菌・鉄」の下巻を読み始めました。その中で登場する「ファイストスの円盤」って遺物がロマンの塊すぎて、強烈に印象に残ったんですよ。 銃・病原菌・鉄〈下巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎posted with ヨメレバジャレド ダイアモンド 草思社 200…

「人を動かす」が大切なものを思い出させてくれた

職場が変わり、通勤時間と労働時間が伸びた。 子供に自我が芽生え、保育園に行くのを嫌がるようになった。 妻と顔を合わせるのは、平日朝のわずかな時間と休日だけになった。 休む時間もロクに無いまま仕事に家事・育児にと、慌ただしく過ぎていく時間の中で…

通勤時間を生産的に過ごす!Audible(オーディブル)で本を聴くススメ

最近、通勤時間にAudible(オーディブル)でオーディオブックを聴いています。オーディオブックっというと音声専用のメディアのように感じますが、なんてことは無く、市販の本を音読してくれるサービス・アプリです。(もちろん有料) 僕にとっての音声メディア…

【書評】「ミライのつくり方 2020-2045 僕がVRに賭けるわけ」でワクワクを思い出すんだ!

マッハ感想 VRが作るミライは、きっとワクワクするものだ! 子供には興味を邪魔しないようにしよう! オキュラスのエヴァンジェリストによるミライの青写真 本著は日本にVRを広めた第一人者、GOROmanさんが自身の過去と、VRが当たり前になるミライを予言した…

「銃・病原菌・鉄」ヨーロッパが世界を支配出来た理由と、支配されないために僕らがやるべきこと

最近、「銃・病原菌・鉄」という本を読んでいます。 5つの大陸で文明の進歩に差が出たのはなぜか、ヨーロッパが少人数でアメリカ大陸を制覇できたのはなぜか。そんな疑問に対し、事前知識なしで理解できるよう、細かくかみ砕いて書かれている本です。 文庫 …

【書評】ソフトウェアプロジェクト管理の名著「人月の神話」をメカ設計者が読んだら、使える知見に溢れていた

「働き方改革で残業は減らす、しかし開発日程は維持する。つまり、人を増やして乗り切るってことだ。」 マネージャからそう言われ、開発途中から何人もの人がつぎ込まれたプロジェクトがありました。工数不足で検討が進んでいないブロックに追加された人員が…

【書評】『「設計力」を支えるデザインレビューの実際』効果的なDRを目指して…

デザインレビュー(以下、DR)という言葉をご存知でしょうか。 担当者が行った設計に対して、大勢集まって検討の抜け漏れを議論する会議のことをDRといいます。 製品開発おいてDRはどの会社でもプロセスに組み込まれているかと思います、ただしその手法につい…

【書評】『ザ・ゴール 企業の究極の目的とは何か 』製造技術者には必読書と言えるかも

『ザ・ゴール 企業の究極の目的とは何か 』は赤字経営に苦しむ工場が業務改善していく様子を描いた小説であり、経営畑で良く取り上げられるビジネス書としての側面も持つ名著です。 嘘か誠か、著者が日本を脅威と感じており、業務改善プロセスが日本に伝わる…

【書評】『仕事の「生産性」はドイツ人に学べ』高い労働生産性はどこからくるのか?

日本人は仕事の効率が悪い、とは同じ日本人からも良く出てくる意見です。国内総生産(GDP)にしても、日本の名目GDPは世界3位の規模を誇っていますが、これが一人当たりのGDPとなると22位となります。有給も取らず長時間残業に耐えて仕事を頑張っている方は沢…

【書評】個別株投資の初心者に「決算書はここだけ読め!」

「決算書はここだけ読め!」の書評です。

【書評】「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム

「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム 、の書評です。おすすめ度高し!

【書評】「東芝解体 電機メーカーが消える日 」結局日本のメーカーの敗因って何なのさ

「東芝解体 電機メーカーが消える日 」の書評です。分析があまく文調はスキャンダラスです。読み物程度にとらえるべきでしょうね。

失敗の本質と日本メーカーの曖昧な製品企画

「失敗の本質」を読んで思う所があったので。

【書評】「マンガーの投資術」長年バフェットのパートナーを務める天才のコメント集

オマハの賢人ウォーレン・バフェット氏は投資に手を出している人なら誰もが知っている存在でしょう。バフェット氏には長年のパートナーがいます。それが本著で取り上げられているチャーリー・マンガー氏です。 マンガーの投資術 バークシャー・ハザウェイ副…

【書評】「あたらしい人工知能の教科書」人工知能ってどういう仕組みなのさ?と思ったら

「あたらしい人工知能の教科書」のレビューです。

【書評】「生涯投資家」村上ファンドが目指したものとは?

村上世彰氏の「生涯投資家」についての書評です。オススメですよ。

【書評】「プレス工法選択アイデア集」板金加工の実戦向き専門書

ハードウェア設計をやる人は射出成形から切削、そして今回の書籍にもあるプレス加工など、様々な製造法の知識を有しておく必要があります。どのように部品が作られるのかが想像出来なければ、部品の形状なんて作れませんからね。 僕はプレス品の設計が苦手で…

【書評】「GRIT-やりぬく力-」才能では成功できない

ペンシルベニア大学心理学教授、アンジェラ・ダックワース氏の著書です。 成功者が備えているのは才能ではなくやり抜く力だ、という内容の本です。社会実験や、成功者へのインタビューなどのエピソードにより、その主張は肉付けされ説得力を持たせています。…

【書評】文明は幸福をもたらしたのか?「サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福」

サピエンス全史(下)の書評です。

【書評】なぜ人類は我々しか現存しない?「サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福」

「サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福」を読んでの、レビューです。

【書評】経済学は人間臭い!「経済を見る眼ービジネス現場で役立つ」

著:伊丹敬之氏「経済を見る眼」の書評です。

【書評】長寿時代は呪いか祝福か…「LIFE SHIFT(ライフ シフト) 100年時代の人生戦略」

リンダ・グラットン著「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」の書評です。

【書評】「設計検討ってどないすんねん!」構想設計初心者に送りたい一冊

「設計検討ってどないすんねん!ー現場設計者が教える仮説検証型設計のポイント」という本の書評です。

【書評】デザインは設計だ!「デザインの教室 手を動かして学ぶデザイントレーニング」

「デザインの教室 手を動かして学ぶデザイントレーニング」を読んだ感想と、設計者の僕がデザイナーに対する思いを書きました。

【書評】「バリュエーションの教科書―企業価値・M&Aの本質と実務」企業価値について衝撃を受けた

バリュエーションの教科書―企業価値・M&Aの本質と実務 を読んだ書評です。いい本でした。

【書評】「日本のイノベーションのジレンマ」優良企業はなぜイノベーションがおこせないのか

日本のイノベーションのジレンマの書評です。

【書評】「新築マンションは買わないほうがいいワケ」

マンション買うなら中古の方がお得じゃないのかなー、と考えてた時にこの本に出会いました。