読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WICの中から

機構設計者が株式投資や育児に奮闘するblog

設計者にとっての職業病

設計者あるあるです。

日本のビジネスから曖昧さが消えつつある

良くも悪くも、ビジネスは欧米化しつつあるなーと感じる今日この頃です。

遠い地の工場において文書は無力だ

ドキュメンテーション頑張っても無力をかんじることがあります。

特許の出願数は開発力を意味しない

特許ノルマにより大量生産される出願数は何の価値も生み出さない。

スマホは主役たり得ない

スマホは全能ではないよという話です。

熱はエネルギーの墓場、増していく放熱設計の重要性

放熱技術って目新しいものが無いよね、というお話。

「設計検討ってどないすんねん!」を読んで。構想設計初心者に送りたい一冊

「設計検討ってどないすんねん!ー現場設計者が教える仮説検証型設計のポイント」という本の書評です。

リモートワークはハードウェア開発者を救えるか、設計の業務の紹介をかねて考えてみた

設計者のお仕事とリモートワークとの親和性について書きました。

デザインは設計だ!「デザインの教室 手を動かして学ぶデザイントレーニング」を読んで

「デザインの教室 手を動かして学ぶデザイントレーニング」を読んだ感想と、設計者の僕がデザイナーに対する思いを書きました。

いち設計者から見た日本と中国の工場の違い

日中の工場について、自分の視点でみた違いを述べてみました。

Galaxy note7の販売終了に思う、量産の恐ろしさ

<まとめ> ・Galaxy Note7が物理的かつ信用的に燃えている ・多大数を流さなければ見えてこない量産問題は恐ろしい ・量産初ロットはリスク有りだが、顧客側はキレイに避けられるものでもない Galaxyが、サムスンが燃えている それにしても恐ろしきは量産だ …

マグネシウム合金の時代はくるのか

<まとめ> ・日経ビジネスにて自動車のマグネシウム合金(以下マグネ)の利用が進みつつあることを目にした ・マグネは実用化されて久しいけど耐食性や成形面で難があったが、着々と課題が解決されているようだ ・コストが下がるか軽量への圧力が強まれば大衆車…

強度という言葉は設計者的に曖昧で抽象的だ

強度という用語の中に含まれているものをおさらいしてみました。

防水端末を水回りで積極的に使う気になれない

IPX8は決して万能じゃないんだ。

ケータイにカバーはいらない

僕はケータイにカバーをしない。カバーなんて大嫌いだ。「傷ついたステンレスは美しい」などというつもりはない。カバーをつけないのはアップルおじさんの影響からではなく、僕が設計者だからだ。モノを作る人間ならではのポリシーというわけだ。 許せない、…