WICの中から

機構設計者が株式投資や育児に奮闘するblog

本-ビジネス

【書評】ソフトウェアプロジェクト管理の名著「人月の神話」をメカ設計者が読んだら、使える知見に溢れていた

「働き方改革で残業は減らす、しかし開発日程は維持する。つまり、人を増やして乗り切るってことだ。」 マネージャからそう言われ、開発途中から何人もの人がつぎ込まれたプロジェクトがありました。工数不足で検討が進んでいないブロックに追加された人員が…

【書評】『ザ・ゴール 企業の究極の目的とは何か 』製造技術者には必読書と言えるかも

『ザ・ゴール 企業の究極の目的とは何か 』は赤字経営に苦しむ工場が業務改善していく様子を描いた小説であり、経営畑で良く取り上げられるビジネス書としての側面も持つ名著です。 嘘か誠か、著者が日本を脅威と感じており、業務改善プロセスが日本に伝わる…

【書評】『仕事の「生産性」はドイツ人に学べ』高い労働生産性はどこからくるのか?

日本人は仕事の効率が悪い、とは同じ日本人からも良く出てくる意見です。国内総生産(GDP)にしても、日本の名目GDPは世界3位の規模を誇っていますが、これが一人当たりのGDPとなると22位となります。有給も取らず長時間残業に耐えて仕事を頑張っている方は沢…

【書評】「東芝解体 電機メーカーが消える日 」結局日本のメーカーの敗因って何なのさ

「東芝解体 電機メーカーが消える日 」の書評です。分析があまく文調はスキャンダラスです。読み物程度にとらえるべきでしょうね。

失敗の本質と日本メーカーの曖昧な製品企画

「失敗の本質」を読んで思う所があったので。

【書評】経済学は人間臭い!「経済を見る眼ービジネス現場で役立つ」

著:伊丹敬之氏「経済を見る眼」の書評です。

【書評】長寿時代は呪いか祝福か…「LIFE SHIFT(ライフ シフト) 100年時代の人生戦略」

リンダ・グラットン著「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」の書評です。

【書評】「日本のイノベーションのジレンマ」優良企業はなぜイノベーションがおこせないのか

日本のイノベーションのジレンマの書評です。