読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WICの中から

機構設計者が株式投資や育児に奮闘するblog

Galaxy note7の販売終了に思う、量産の恐ろしさ

時事 時事-サムスン 設計

<まとめ>

・Galaxy Note7が物理的かつ信用的に燃えている

・多大数を流さなければ見えてこない量産問題は恐ろしい

・量産初ロットはリスク有りだが、顧客側はキレイに避けられるものでもない

f:id:temcee:20161012223808j:plain

Galaxyが、サムスンが燃えている

人気ナンバリング機種であるGalaxy note7は2ヶ月というあまりに短い命に終わった。販売終了による機会損失やらベンダー・購入者への補償を想像すると気が遠くなりそうだ。恐らくサムスンの中の人は詰められながら不眠不休で真因調査と次機種への対策を進めていることだろう。開発という職に就くものとしては同情してしまう。

世間からは大いに叩かれてるしブランド価値も大きく毀損されたかと思う。ただ販売終了という英断を下したことは、信頼回復のためのパフォーマンスが含まれていたとしても、賞賛に値する。ビジネスへの影響を考えると小手先の暫定対策でその場を凌ぎつつ恒久対策にランニングチェンジしたくなる案件だ。(もっとも、それすら困難な根本レベルの問題なのかもしれないけど)

それにしても恐ろしきは量産だ

Note7も1度は出荷OKという判断が下ったわけだけど、この問題が試作時点で見つかっていたのか、見つかってなかったのか……。サムスンの中でもNote7のビジネスは中核の1つだ、試作チェックや評価は漏れなくこなしていただろうが、それでも問題が起きてしまうのが量産というものだ。やはり量産は恐ろしい。量産の怖さは2つある。部品や組立のバラツキにより試作で見つかっていなかった問題が起こる「数を流してみないと分からない怖さ」。試作で見つけた問題に対し、部品選別やアセンブリ方法、検査で落とすなど製造プロセスで行った対策を掻い潜る「数を流すことで漏れてしまう怖さ」。いくら試作を重ねようと評価を満足しようと量産初ロットにおいてこれらの恐怖から逃れることはない。

数を流してみないと分からない怖さ

サムスンが試作をどの程度作っているかは知らないが、リコール台数250万台(そしてそれを上回る製造台数)からすると誤差程度の数しか試作を作ってないかと思う。バッテリなど複数ベンダから購入しているユニットの組み合わせは何通りになるだろう、それぞれの組み合わせについて試作の製造はしているだろうが、全項目の評価はこなしていないだろう。また、Note7のような個人向けの人気シリーズは販売開始直後が販売のピークであり、それに向けて複数のラインを組んで短期間に大量の製品を投入しているはずだが、試作組立に絡んでいない受入者が納入品をチェックして組立に不慣れな作業者により組立てられていくわけで、問題が発生しやすい環境にあるというのは理解できるかと思う。そんなわけで量産には「初めて」がいっぱいなわけで、これが「数を流してみないと分からない怖さ」の源だ。

数を流すことで漏れてしまう怖さ

「数を流すことで漏れてしまう怖さ」は所謂ヒューマンエラー、試作程度の短期間なら持続可能な人間の集中力も量産が始まり数を流す日が続いていくと綻びが生じる。設計が完璧ならそういったヒューマンエラーをも防ぐことができるが、チャレンジングな開発の現場では特別な組立方が必要になることや、ラインにおいて2重・3重のチェックで管理しなければならないリスク箇所が往々にして存在する。数が増えある程度慣れが出てくる段階になると、そういった注意を払うべき箇所へのチェックが散漫になり、結果として既知であるはずの問題が流出してしまう。こちらの方が、開発者としてはリスクが見えていることが逆に恐怖だ。

量産初ロットは問題が多いけど買う方は気にしない方がいい

量産の話をしていて思い出した、初ロットについての意見も述べておく。量産初期の不良率は一般的に周知されていて、初ロットの購入は怖いという話をネットでよく目にする。僕も量産初ロットにおける製品の安定性についてはネガティブな考えを持っている。ただし欲しい製品の購入に待ったをかける程度かというと、そんなことはない。前述のとおり、コンシューマ製品は販売開始直後が販売のピークで、それに向けて大量に作り置きをして初ロット在庫は潤沢にストックされるし、人気のあるものだとしばらくは量産を止めることはないので製品のレベルとしては組立作業者の習熟度以外に差は無い。詰まるところ、いつから初ロット品とレベルが変わってくるかなんて購入する側からはわからないってことだ。それに問題は起きやすいが、普通はフェールセーフ設計がなされているので人に危害が及ぶような障害はまれだし、きちんとした会社の製品なら故障について真摯に対応してくれるだろう。そんなことで製品発売直後のわくわく感を、周りと熱く語れる期間を逃すのはもったいないと思う。そもそも出荷OKになるものはそうそう故障するものではない、初ロットだろうが何だろうが気にせず、欲しいものは欲しいときに買えばいい。