読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WICの中から

機構設計者が株式投資や育児に奮闘するblog

日経平均大勝利!希望の未来へレディー・ゴーッ!!

4連騰で日経平均は17000円台に復帰した。原油の価格が上向いてきて1バレル36.32ドル、ちょっと前まで30ドル切ってたことを考えると大分戻してるね。そのおかげで今まで売られ過ぎてた感があった資源やそれに関連する通貨・株式も改善したように思う。また、アメリカの経済指標は割といい感じで推移してて、昨日の雇用統計も、重視される「非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)」は市場予測(19万5000)を上回る24万2000人といい数字がでていた。(賃金が低くなっていたのでパートが増えただけでは?という話もあるけど)下記の記事によると直近のドル利上げはなさそうという見方が多いけど、米国だけに限ってみれば利上げがあってもおかしくないくらい回復が進んでいるように見える。

www.bloomberg.co.jp

 

反面、中国は倒産が増えているやら日本の10-12月のGDPが前年比で-1%超えてたりなどで、どうも力強さに欠けるというか、頼りない雰囲気がする。年始から始まった暴落は原油価格と中国の景気不安から来たものだけど、戻してる原油価格と違って中国の景気に関してはカタがついていない。思うに、中国は成熟期に移りつつあるのでもう以前のような高成長に戻ることはないだろう。内需に関してはまだまだ発展余地があるので、そちらの改善をしていくようになるんだろうけど、その過程で今回みたいな波乱は何度かあるんだろうなー。

mw.nikkei.com

さて、そんなこんなで僕の投資状況はというと、損切っていた豪ドルが良い感じに上がるのを口惜しく見て火遊びをしてしまいました。具体的には一昨日の上昇を見てからの豪ドルのショートと雇用統計前には米ドルのロング。米ドルの方は多少プラスだったけど豪ドルは悲惨な有様で、合わせて4万程度はマイナスを出している。しばらく為替はお休みかな。

 

株式の方は特に保有銘柄に入れ替わりはなし。もうちょい落ちたら、中国の減速をもろに食らっているコマツとかを割安で買おうとしてたんだけど、戻しちゃったね。オムロンくんが大きく値を戻してきて、ナンピン時の価格くらいになった。(悲惨)サンマルクは増配を決定したけど反応は限定的で、まだ10%くらいマイナス。オムロンの減配はあわやストップ安かというくらい反応したんだけどなぁ。アコーディアゴルフは買値付近で推移してて落ち着いている。NISA枠でちょこちょこと買っているリートは、超長期枠であんまり興味無いので変わりなく放置中。

 

まだまだ含み損が大きく、確定してる赤も結構な額だ。投資はそういうものだと割り切って、のんびりやっていこう。