読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WICの中から

機構設計者が株式投資や育児に奮闘するblog

痩せたと言われることが増えたので原因を本気出して考えた

爽やかな朝の目覚めからの充実した仕事の日々、週末は嫁さんと子供のいる実家通い。そんな日々をなんなんと過ごしている僕だが、最近「痩せた」と言われることが増えた。久しぶりに会う人だけならまだしも、両親兄弟に友人知人の至る方面から指摘されてるので見た目の変化は本当に大きいのだろう。ダイエットとかしてるわけじゃないんだけどなー。

f:id:temcee:20161015001031j:plain

現状把握

僕の今の身長は175cm体重は58.5kgでBMIは19.1、日本肥満学会の判定基準ではBMI18.5未満が痩せ型にはまるので、まだ普通体重の範囲内…だけど適正体重は67kgくらいなんだよね。ちなみに体脂肪は10.4、ちょっと前まで1桁だったので少し戻してきたかなってところ。

 

上記を単体で見ればそんなに不健康な感じはしないけど、人から「痩せた」と言われた時に考えないといけないのは絶対値ではなく相対値、というわけで年初くらいの体重を思い出してみた。確か体重は62kgくらいだったかと思う。これだとBMIも20を超えるので健康感が増している印象がある。体脂肪は13くらいあったかなと思う。年初から今日まで半年経ってないということを考えると3.5kgの体重減は僕レベルの体格だと急変と言えるかもしれない。

原因分析

体重が減るとすればエネルギーの摂取が減ったか消費が増えたかのどちらかしかない。というわけで両方について考えてみた。

食事量

これは特に変化してない。少なくとも意識的に変化させた覚えはない。嫁さん出産間近から実家の方に帰ったことで僕の夕食に外食は増えたが、外食先は松屋や日高屋などカロリー面では家庭料理より多いであろう内容に切り替わっている。昼食に関しても去年と今年で場所は変わっているものの(転職による環境変化による)、見た目の食事量に変化を感じなければ、昼食後の満腹感にも変化はない。食べてないわけじゃないんだよなー、ということで食事量はあまり関係ないと思われる。

おやつ

諸事情により僕のおやつはブラックサンダーからうまい棒へと変化している。カロリーを比較すると、ブラックサンダーが65kcalうまい棒は種類次第だけど30強kcalといったところだ。差分は30kcal程度だけど、ご飯一杯が168kcalということなので5営業日でご飯一杯分のカロリー差がついてしまう。塵も積もればなんとやら、これは原因の一端と言えるかもしれない。明日からブラックサンダーに戻さなきゃ(使命感)

運動量

これは減った。以前は週2くらいで市の体育館に行って筋トレとランニングマシーンをやってたし、外も走ってた。それが最近では体育館に行かなくなっていれば、ランニングも隔週に1回程度の頻度になっている。距離も前より短い。今では運動と言えるのはプッシュアップバーによる腕立て30回と腹筋ローラー15往復だけだ。

ストレス

いやー本当いうとね、本気出して考えなくても分かってた。食事も運動も真因じゃないなってことはね。どう考えても最近の減量はストレスが原因だ。

 

神戸市がストレスを客観的に計測してくれるサイトを作っていた。

stressmountain.jp

上記サイトの結果によると僕のストレスはM9.0で精神不調をきたす確率は80%と診断された、キツイ。このストレスの元となっているのは仕事環境の変化と家庭環境の変化の両方の面だ。

 

まず仕事環境でいうと、転職とそれに伴う仕事内容・量の変化、あと前職で所属していた部署の先行きなどのストレス源が存在していた。世の中には転職を幾度となく繰り返す人がいるけど、僕にはアレは無理だな。スキルや経験は引き継げるけど人間関係など1から新しく作る・覚えることも多く、それでいてある程度の実績を求められている…という状況は精神的にハードだ。

 

また家庭環境、これはブログを読んでいただいている方には思い当たると思うが、出産が主な原因だ。特にうちの場合は嫁さんの体調を優先して予定日前倒しの計画出産で、難産で帝王切開になった上に子供はNICU、嫁さんは再出血による再手術とフルコースをいただいた。この頃は本当にキツかった。最近も乳幼児湿疹がひどくて入院したりなど、子供ができると中々落ち着くことはできない。

 

ま、育児自体は世の中に存在する不特定多数のオジサン・オバサンが経験していることだし、子供が大人になるまでケガや病気1つもせずに育つ方が稀だろう。子供がいる親っていうのは気にすることが多く大変だ、子持ちの人には尊敬の念を禁じ得ない。

ストレスはこまめに解消

 一番しんどい時期を脱したので体重はそこそこしてれば戻るんじゃないかと思うけど、ストレスコントロールは今後も気を付けていかなきゃなー、と感じる次第。とはいえ僕は会社員、長期休暇でバカンスに行ったり出社・帰宅時間をフレキシブルにして自分主体で動くことはできない。だからこそ限りある帰宅後のひと時や週末を趣味や休息に当ててストレスを細かく吐き出していくべきなんだろうなと感じる。

 

のんびり体重が戻るのを待ってもいいけど、食べることで積極的に体重を戻しにいってもいいので、この記事を見た僕のリアル友人の皆様におかれましてはおいしいお店での飲み会を企画していただきたく、よろしくお願いいたします。