読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WICの中から

機構設計者が株式投資や育児に奮闘するblog

結婚式に礼服白ネクタイは古いのだろうか

<まとめ>

・先日の結婚式にて礼服/白ネクタイ装備がテーブル内で僕一人だった

・友人席だからなのか、それとも僕の服装に対する認識が古いのか

・白ネクタイは洋装における正式なマナーではなかった、キツイ

 

たった一人の礼服・白ネクタイ

先日の結婚式、僕はいつも通り礼服に白ネクタイの装備で赴いた。9月上旬で暑かったのと「友人席だし」という思いもあってベストを着ていかなかったこともあり、自分としてはちょいとカジュアルなつもりでいた。しかしながら式場についてみると僕以外の友人たちはみな礼服ではなく黒や紺、中には薄目だがストライプのスーツを着ていた。ネクタイについても白を付けているのは僕だけで、ほかの人は黒以外なら何でもありという状態だ。うーん、5年くらい前は割とみんな礼服に白ネクタイだったと思うんだけどなぁ。

友人だからカジュアルでいいのか

二次会ならカジュアルにキメてもいいかなぁと思うけど、披露宴と何より挙式にも出るならキチンと正装するかな、というのが僕の認識だ。結婚は冠婚葬祭に含まれる記念すべき行事で、その場に参加するからにはこちらも相応の服装でいるのが礼儀じゃないのか。そう考える一方で、僕はあくまでイチ友人で家族ではないので部外者といえば部外者の立場だ。固くフォーマルな装いをするよりはカジュアルな服装で楽しく祝ってあげる方がいいのかなぁ、という考え方もある。この辺りは新郎の人柄と親密度によってフレキシブルに対応していけばいいのかもしれない。

白ネクタイはマストじゃなかった

なんて事を考えながら白ネクタイについてネットで調べたら、結婚式の白ネクタイというのは日本だけの話で、その日本でも海外のドレスコードが輸入されてきた結果シルバーグレーや白黒の縞が式用のネクタイとして有りだという情報が入ってきた。キツイ。今まで完全に白だけが正装だと思っていた。一応自己弁護しておくと日本では昔から白が正装とされてきたので、昔の人から見るとやはり白が正装というイメージはあるらしい。とはいえ僕はまだ昔の人と言われるような歳でもないしなぁ。昔っていっても日本人がスーツ着始めたのなんて割と最近何じゃないの、という想いもある。そんなわけで次の結婚式はライトな色合いのカラーネクタイでいってみるかなあ。となるとスーツも礼服だと逆におかしいか。普通の黒スーツでいくべきか、それとも思い切って紺まで攻めてみるか。うーん、悩む......。