読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WICの中から

機構設計者が株式投資や育児に奮闘するblog

今週のポートフォリオとキャッシュレス決済が浸透する中でのセブン銀行

 <まとめ>

・今週も取引なし

オムロン↓ 第一カッター↑ その他諸々合わせて特に大きな動きなし

・セブン銀行に興味あります

f:id:temcee:20161001120326j:plain

 今週の雑感

f:id:temcee:20161001120315j:plain

今週は日経が大きく上げたり下げたりで人によってはスリリングな週だったかもしれないけれど、僕のポートフォリオはいたって平常運転だった。第一カッターがいきなり挙げた理由はわからない、出来高が少ないので買いたい人がちょっと増えれば敏感に反応してしまうのだろうか。何気にハイデイ日高が戻してきてくれているのもありがたい。業績自体は悪くないしね。

最近はドイツ銀行が騒がしいね。今年に入ってからたびたびその名前を見かける気がする。今回は住宅ローン担保証券の不正販売に対して米司法省がドイツ銀に140億ドルの支払いを求めたことで「そんな支払い大丈夫か」ということでドイツ銀が最安値を更新、欧州は大丈夫かね……という話になっているようだ。ただしこの支払は当初よりも低い54億ドルで合意が近いと報道が出ているようだ。それでも結構な金額だとは思うが、一応ポジティブなニュースなので月曜は安心しててもいいのかなー。

セブン銀行が気になります

 先日こんな記事を書いた。相変わらず日経ビジネスに弱いなー、僕は。

temcee.hatenablog.com

 現状は予想に対してPER14.98倍PBR2.08倍。ビジネスモデルが特殊なので単純に他の銀行と比較はできないだろうが、株価水準としては高くはないけど安くもないと言った感じかな。年初来で見ると最近の株価は低調なようだ。

ATMデータを見よう

セブン銀行のメインビジネスはATMというわけで財務データにATMのデータも載ってあり眺めていると面白い。ちょいと引用させてもらおう。

f:id:temcee:20161001214606j:plain

ATMの設置台数は順調に増えているが、おそらく取引が多く見込めるところはあらかた設置し終わってるんだろう、平均利用件数は年々落ちている。とはいえ総利用件数は増加しており、さすがに採算が見込めないところには設置しないようで売上自体は伸びてはいるみたいだ。

キャッシュレス社会を生き延びられるか

しかし重要なのは将来的にどうなるか、ということだろう。今までは順調にATMビジネスが成り立っていたが、現金を使わないキャッシュレス決済が今後も一層普及されていくことを考えるといつまでもこのビジネスが成り立つのかという不安はある。実際に僕も現金を使うのは飲み会の割り勘代を支払うときとダイソーで買い物する時くらいだ。セブン銀行側もそれを認識した上で海外進出を推進したり海外送金サービスなど別の柱を模索している。僕がまず注目しているのは海外、特にアメリカでのATM展開だ。下記のとおり、アメリカは日本よりキャッシュレス決済が進んでいる。そのアメリカでのATM事業の成否は日本における事業の今後を占う上でいい試金石になるのではと思われる。

f:id:temcee:20161001220845j:plain

海外送金サービスは、まだ調べが足りてなくて何とも言えない。他の会社で似たようなサービスがあるのかとか、どういった点で利点があるのかとか、今後みていきたい。将来的なリスクは大きいかもしれないが、セブン銀行のビジネスモデルはユニークでありオンリーワンだ。「今更セブン銀行を買うのもなー」という考えが僕の中にないわけではないが、「今更なー」と思って僕が購入を見送った銘柄で成長し続けているものは珍しくもない。(節穴)そんなわけで差別化されたビジネスを行っている会社については早めに思考を切らず分析していきたい。