読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WICの中から

機構設計者が株式投資や育児に奮闘するblog

Microsoft Remote DesktopでMacからWindowsにリモート接続できなかった時の対応

貧相なMacBook Air(2012)で動くゲームは少ないです。特に最近発売されたCivilization 6をプレイすることなど、夢のまた夢です。旗艦PCがある僕の部屋(WIC)はムスコと嫁の寝室にあり、夜中にその部屋に侵入してムスコの熟睡を妨げることは数々のリスクを背負うことになり、実質不可能です。それでも募るCivへの思い、そして僕は思い立ちました。リモートで旗艦PCに接続してゲームをすればいいんだと。

 

Microsoft Remote Desktopをインストールして接続するも

MacにもMicrosoft様が便利なアプリを出してくれていました。その名も「Microsoft Remote Desktop」、Windowsにリモートデスクトップ接続するためのアプリです。まんまですね。

f:id:temcee:20161106223433p:plain

接続までは下記のサイト様を参考に進めてたんですが、いざ接続しようとすると接続できなかったんですよね、キツイ。

MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - アプリ「Remote Desktop」 - PC設定のカルマ 

接続失敗時のメッセージを確認

f:id:temcee:20161106224916p:plain

リモートPCに接続できません。「リモートデスクトップが有効になってるか」「リモートPCに電源入ってるか」「ネットワークが利用可能になっているか」を確認した後、再トライしてみてね。

直訳するとそんな所でしょうか。

Help先とかこのメッセージを検索にかけるとポート先やらファイヤーウォールの確認はどうだという話が出ていました。そんなわけで下記を確認しました。

  • ファイヤーウォール有無による接続確認
  • リモートアクセスの許可状況

ファイヤーウォールによる影響

ホスト側のファイヤーウォールでリモートデスクトップの例外設定ができているかどうか確認しようとしたんですが。。。リモートデスクトップの項がない。しょうがないので ファイヤーウォールを無効にしてリモート接続を再トライ、NG。

ホスト(Windows)側でリモートアクセスを許可

操作するWindows機にリモートデスクトップでアクセスする許可を出してるか確認しましょう。

Windows 10の人工知能Cortana(コルタナ)に聞けばリモートアクセスの許可の場所を教えてくれます。(OS変わってからどこに行けばいいか分からなくなった。)

f:id:temcee:20161106213452p:plain

Siriの話を振ると怒られるので気を付けましょう。

 

ちなみにHomeを使ってる人はリモートデスクトップのアクセス許可云々の項が出ません。僕の使ってるWindows10はHome版で、だからファイヤーウォールの設定する時にも名前出てこなかったんですね。(完全に忘れてた)Homeは接続することはできますが、接続される側にはなれないのです。その場合の解決法については以下の記事を参考にしてください。

temcee.hatenablog.com

リモート接続はできた Civはできない

RDPWrapを使うことで見事にMBAで旗艦PCへの接続に成功しました!Windows機同士で行う時と遜色ないくらいに操作はスムーズです。これは期待できそうだ!

高まりきったテンションで意気揚々とCiv6を起動してみると.....。

 

f:id:temcee:20161106230538p:plain

グラフィックのセットアップに失敗ですと......。当たり前ですが、ホスト側でゲームが起動する事は確認済みなので、これはリモートデスクトップを使用する事による問題ですね。

Microsoftのリモートデスクトップを使うとホスト側のグラフィックボードが見えなくなるのかな。会社だとリモートデスクトップでCAD動かしたりとか出来てるからグラフィックの演算はホスト側が持つものと思っていたけど、うーん。

 

そんなわけでMicrosoft Remote Desktopでの接続は成功、ゲームをプレイするという目的については失敗という結果になりました。残された手段としては下記のものがあります。実はもう試していて結果だけ書いておきます、やり方については時間がないので後日書きます。

  • Steamのホームストリーミングを使う → 起動するもカクカク 不可
  • Chromeリモートデスクトップを使う → 無事起動、何とかゲームできる 可