読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WICの中から

機構設計者が株式投資や育児に奮闘するblog

吉良の同僚は何故流行っているのか

雑記

<まとめ>

・TLを覗くと吉良の同僚コラやネタ絵が多く流れてくる、なんなの…

・この流行は吉良自身の人気があるが故かなと

・僕は吉良が好きだよ、凄く

やめとけ!やめとけ!

TLを覗くと今日も吉良の同僚コラが流れてくる。アニメのジョジョ4部で吉良の登場が近づいてきた辺りから出回り始めたそのコラは吉良、そして同僚の登場により加速している。僕がコミックで4部を読んでいる時には、まさか吉良の同僚がここまで流行るとは思わなかった。吉良の同僚自体にそれほどのインパクトがあるとは、僕は今も思わない。ニヤけた顔と説明口調は多少は印象に残るものではあるが、単なるいちモブである。そんな彼は何故繰り返しネタにされ、コラ職人に使い込まれているのか…。

吉良の人気があってこそ

同僚の人気はやはり吉良自体のキャラクター設定、そして人気にあるのではと思う。コラやネタ絵も吉良との絡みだったり吉良との関係性を利用したものが多く、そういったネタの方が面白いものが多い。それも当たり前の話で、単なる使い捨てモブである同僚には性格その他の描写はなく、吉良と同僚という設定とそこそこ付き合いがありそうだなーと読み取れる程度の情報しか無い。設定が無いということは無個性とも取れるが、読者が自由に設定を作れるとも言える。吉良の設定さえ崩さなければ同僚の設定をいかようにも弄って自分の思い描くようにシーンやお話を作れるのだ。吉良の同僚…なんとも便利な存在じゃないか。

吉良は殺人鬼である一方で普通に社会生活を送る一般人でもあり、その生活も大半は平凡なものを送っているのではと思われる。人付き合いは悪いと言えど、一般社会にとけ込む上では目立たず孤立しない程度の付き合いはあるだろう。そんな時には、恐らくあの同僚が声をかけてくるんだろう。どんな事に誘われるのか。一般人の集いの中で吉良はどんな態度を見せ、周りはどのように絡むのか。ファンにとって一番作品を楽しんでいる瞬間というのは、作品に描かれていないものを想像している時だと僕は思う。吉良の同僚はその想像に多いな幅をもたらせてくれる。とはいえこれもやはり吉良あってのことで、そういった二次創作的なモチベーションを与えてくれる吉良吉影は本当に素晴らしいキャラクターだ。ここまで読んでくれた人には分かるかもしれないが、吉良は僕がジョジョで一番好きなキャラクターだ。以下、どこが好きなのかを勝手に語らせてもらう。

吉良の姿は僕に似ている

吉良吉影は4部のラスボスの中では異色で、僕達一般人に近い。ジョジョのボスキャラはどいつも邪悪で小物臭さがあって、そして何より極端な性格をしていて詰まるところ魅力的だ。ディオはとことん自己中だしカーズは卑怯、ディアボロは臆病、プッチ神父は狂信的で、大統領は愛国心…それらのお陰で各部のボスは作中でも大物の立場であったり、部下を従えたりする事が出来ている。そんな中で吉良の性格は極端に平穏を好む性格だ。だからこそサラリーマンをやっているんだろうが、そんな彼の行動は性的嗜好を覗けば”理解可能”で一般的な庶民だ。エコーズact3の能力で左手を重くされてカップを割ってしまったときに咄嗟に謝罪し弁償する姿など、彼の人間のよく出来ているところが垣間見えるではないか。川尻浩作になった後、部長に遅刻の電話を入れるシーンなども会社員としてきちんと過ごしてきた経歴が伺える。加えて吉良には愛嬌がある。吉良が昼食を選ぶシーン、「彼女」がカツサンドのラップ破ってしまったのでこっそり別のモノを選ぶところはなかなかにお茶目だ。康一くんにトドメを刺す前に靴下の表裏がきになるところも几帳面で間が抜けた感じがして大変に面白い。ジョジョボスはどいつもこいつも妙に人間臭いところがあるが、吉良吉影はその中でも群を抜いて人間臭く限りなく庶民なのだ。

だが正確に言えばただの庶民ではない、理想的な庶民だ。吉良の掲げる理想、植物の心のように穏やかな人生…あらゆるものが繋がる現代社会において吉良のような生活をおくることを理想とする人も多いのではなかろうか。少なくとも僕はそうだ。だけど僕は相変わらず心を乱し自分から変化を追い求め、何かに心配する日々を送っている。その原因はやっぱり自己の承認欲求だったり周りに負けたく無いという意気地だったりするわけで、そういった煩悩というか欲から離れられない僕のような人間からすると自分の真に願うものの為にすべてを割り切れる吉良という存在は羨ましく、また目指すべき理想として映るんだ。僕もいつか、その域に達したい…。

長くなってしまったが吉良吉影は強い信念とそれを実現する能力を持つ一方で、一般人的な愛嬌や常識を持つ魅力的なボスキャラだ。荒木先生のお気に入りだからなのか、設定を掘り下げるような描写も多く、またスピンオフとして吉良が死んで幽霊になってからを描いた「デッドマンズQ」も存在する。スタンド能力「キラークイーン」は失われており容姿も変わっているが、もし興味があるなら一読して欲しい。