読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WICの中から

機構設計者が株式投資や育児に奮闘するblog

よみうりランドのジュエルミネーションはコスパが良くてオススメ

カメラ

先日よみうりランドのジュエルミネーションを見に行ってきました。

「APS-Cのα6000では心もとないだろう」と知人からα7Sを貸してもらえたので、今回はそちらでイルミネーションを撮ってみました。

α7Sの特徴についてはデジカメウォッチさんの記事を見ると分かりやすいと思います。

リンクを飛ぶのがめんどくさい人のためにざっくり説明すると、画質を落とした分、暗い所に強いミラーレスです。

よみうりランドのエントランスエントランスにある花

エントランスに置いてあった花、時刻はまだ16時

よみうりランドは16時以降に入園できる入場券が2種類あります。ナイトパスとナイト入場券がそれで、前者は一部アトラクション乗り放題で、後者はただの入場券です。うちはムスコがまだ小さく何も乗れないので、普通にナイト入場券で入りました。その額1,200円、なかなかお買い得ではないでしょうか。

よみうりランド昼の光景

16時の入園直後、未だ明るい。中央の変な犬はよみうりランドのマスコットです。

16時からナイト入園ってことで、イルミネーションも16時くらいからポツポツ始まりますが、この時期でも16時はやっぱり明るいです。明るい状態でのイルミってのもアリかもしれませんが、ちょっと映えないですね。暗闇を撮りたがっているα7Sも泣いています。

明るい時間のイルミネーション

光をボカシて撮りたかったので大体開放で撮っています

園内を1周して、なかなか暗くならないなーってことで一度ムスコの授乳タイムに移ります。その間は1人フリーだったので、設定をちょこちょこ弄りながら色々試し撮りしてみました。

ジュエルミネーションのはじまり

そのまま撮ると薄暗い園内だけど

低露出で映えるイルミネーション

露出を暗めにするとイルミネーションが映えてきます。

光と闇だけの世界

どんどん暗くしていくと人影は黒子となり光だけが残って、個人的には好きな雰囲気になります。嫁さんには何が写っているか分からないと言われましたが。。。 

玉ぼけを撮りたい

開放にして手前にピントをあわせてみると、いわゆる玉ぼけみたいになってくれます。

嫁さんとムスコが戻ってくる頃には周りも大分暗くなっていて、イルミネーションを見に来たぞー!って気分が盛り上がってきました。

ジュエルミネーションと変なカエル

暗くなって各エリアのイルミネーションが際立ってきているが、変なカエルの方に目がいってしまいます

玉ぼけを狙った写真

割と綺麗に玉ボケ撮れたかなと思っていたけど、嫁さんには何が何やら分からないと言われました。うーん。。。 

せっかくムスコの初遊園地でもあるので、何かに乗りたい!ってことで全年齢対象の観覧車に乗る事にしました。イルミネーションを高い所から見るのも綺麗なので観覧車は大人気です。

よみうりランドの大観覧車

持っていったレンズは単焦点で望遠よりのため観覧車の全景は撮れず 

明るく光るジェットコースターのイルミネーション

明るく、暖かく撮ってみたり

イルミネーションで輝くジェットコースター

ちょっとクールな感じにしてみたり

大観覧車から見たよみうりランドのイルミネーション

借主から折角のα7Sだから絞れば良かったのに、と言われました。確かに。

遊園地のイルミネーション

子供たちがキャッキャ遊んでるのを見るのもいいですね。

青が映えるイルミネーション

区域ごとにテーマカラーが違うんですが、僕は青系の色の所がお気に入り。

ジュエルミネーションの新設エリア

今年から新設されたエリア

女神のイルミネーション

女神様がいます。顔は無い。

広場を照らす照らすイルミネーション

ここら辺は舗装されてないけれど、お庭って感じでいいですね。

ジュエルミネーションの道

暗くすると光の道を進んでいるようです。イルミがあるところは進入禁止ですが。

よみうりランドの水面に映るイルミネーション

水面に反射しているのも良いですね。

 

午後7時を回ったあたりで息子が完全に寝落ちてしまったのでサヨナラすることにしました。最後に午後ティーを買ってFIREチャレンジ!1/10の確率でFIRE缶から炎が上がり景品が貰えるのですが…

よみうりランドの巨大FIRE缶

ダメみたいですね。

 

そんなこんなで大観覧車とFIREチャレンジしか遊園地らしいことはしませんでしたが、イルミネーションは精一杯楽しんできました。ムスコは無表情にキョロキョロしていましたが、初イルミで少しは刺激になったかな?

で、反省点を挙げておきます。レンズの選択、55mm単焦点で行ったんですが、不便な場面が多かったです。例えば観覧車の中で嫁さんとムスコを撮る時や、人が多い中で撮る時、人に撮ってもらう時など…レンズは明るいし解像はいいんですが、家族と出かける時は大人しくズームレンズの方が良かったです。これ、たしか以前の水族館でも同じことを言ったような……。

後に知ったのですが、α7SでもAPS-Cのレンズが(画質は落ちるものの)使えるらしかったので、α6000のキットレンズをつけていけばよかったなと。今回はまぁ、嫁さんのiphoneがある程度は穴を埋めてくれたので良しとしましょうか。

それにしてもα7S、良いですね。基本はISO autoで撮ってたんですが、ISO12800くらいの高さでも、それほど違和感無く撮れてます。あとサイズ感もα6000使ってるときとあんまり差を感じなくて、フルサイズの割に気軽に撮れるものなんだなーって感想です。ただしAFはちょいと遅めで、動いているムスコを撮るには不向きな感じでした。

そんなα7S、大変魅力的ではあるんですが、僕はα6000買ったばっかりで気に入ってるしお金もジャブジャブ持ってるわけではないので、もう少しスキルがついてきたらフルサイズ機の購入も考えていきたいですね。

 この記事の写真はα7Sで撮っています