読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WICの中から

機構設計者が株式投資や育児に奮闘するblog

ヨーロッパ初心者のクロアチア・スロベニア旅行記 Part 4 スプリット

プリトヴィッツェ湖群国立公園の自然美を全身で体感した僕たちはホテルのあるスプリットへ向かった。スプリットは都会であり、大型スーパーマーケットで親族友人向けのお土産を大量購入、ついでにクロアチアのお菓子やアイスも購入して、部屋で楽しんだ…というのが前回までのお話。

朝を迎え、いつも通り朝食バイキングで栄養を補給を済ませた僕たちは港町トロギールへ進路をとった。f:id:temcee:20160516214243j:plain

どこの朝食も大体おいてあるものは一緒。わっちは林檎が大好きなので毎食食べてた。

前回の記事

temcee.hatenablog.com

 

古都トロギール

アドリア海に面したトロギールは紀元前3世紀から続く歴史に満ちた町だ。古代ギリシャ、古代ローマ、ヴェネツィア共和国などの支配下にあったことでそれらの文化を色濃く残しており、様々な時代・様式の建造物を見ることが出来る。僕は建築には明るくないのが残念だが、ヨーロッパの建築に興味がある人ならば興奮ものなんじゃないかと思う。

f:id:temcee:20160516214710j:plain

f:id:temcee:20160516215655j:plain

f:id:temcee:20160516215703j:plain

 

f:id:temcee:20160516215718j:plain

f:id:temcee:20160516215839j:plain

こういう洗濯物の干し方って海外っぽいよね

f:id:temcee:20160516215923j:plain

f:id:temcee:20160516215925j:plain

海沿いのオープンカフェでワインをやりながらのんびりしたかった、実際は歩き回ってばかりだったが

スプリット ディオクレティアヌス宮殿

トロギール観光を終えた僕たちは再びスプリットへ向かう。

スプリットはローマ皇帝のディオクレティアヌスが引退して隠居するために宮殿を建てたことが都市の始まりだそうだ。隠居するのに宮殿を建てるのか…という感じだけど、皇帝ってやっぱり凄いんだな。ということで宮殿へ向かう。

f:id:temcee:20160516221158j:plain

人が多い(小波感)

f:id:temcee:20160516221209j:plain

昔はこんな感じの宮殿だったとのこと。上の写真で見える外壁はこの図でいうと海に面してるとこの外壁らしい。

ここの凄いところは宮殿が人が立ち入れるレベルで保存されているだけでなく、その中で商売やってる人たちが集まって商店街みたいになっていること。ディオクレティアヌス帝は自分が最期に過ごした場所がこんな形で現代まで残っていると考えただろうか。

f:id:temcee:20160516221758j:plain

宮殿内へ…

f:id:temcee:20160516221759j:plain

ディオクレティアヌス帝の没後は窓までゴミがはびこるような状態が何世紀も続いていたらしいf:id:temcee:20160516221806j:plain

外縁部から中に入ると、そこには沢山の店が立ち並ぶ活気あふれる街だった。若干迷路じみている。

f:id:temcee:20160516222159j:plain

この花はいたるところで咲いてた

f:id:temcee:20160516222222j:plain

背景がボケないのはレンズがしょぼいから…

f:id:temcee:20160516222215j:plain

f:id:temcee:20160516222503j:plain

遠くに見えるはグルグール ニンスキの像。足を触ると幸せになるとかで人だかりができている。僕も触った。

昼食

f:id:temcee:20160516222745j:plain

配達の兄さんがケツ向けてる写真しかなかった

 

f:id:temcee:20160516222808j:plain

サラダ。胡麻ドレッシングが恋しいf:id:temcee:20160516222831j:plain

魚のトマト煮と言えばいいのか。あっさりして日本人に優しい味。珍しく芋が出なかった。

f:id:temcee:20160516222853j:plain

ケーキのようなアイスのような不思議なデザート。とろけるようなサクッというようなよく分からない不思議な食感で絶品!

ドゥブロヴニクへ!~途中ストンにて夕食

昼食後、僕たちは最後の観光地であるドゥブロヴニクに向かうためバスに乗り込んだ。ここからドゥブロヴニクまでは約5時間…というわけでまたしても飯だ。

f:id:temcee:20160516223406j:plain

途中の休憩時に色々とってるんだぜ

f:id:temcee:20160516223408j:plain

ストンに到着f:id:temcee:20160516223411j:plain

豚の丸焼きがくるくる焼かれてた。モンハンかな?

f:id:temcee:20160516223414j:plain

いたるところにある城壁は幾度となく戦乱に巻き込まれたことを思わせる

小道を入り奥に進むと、レストランがあった。夕食の時間である。

f:id:temcee:20160516223636j:plain

僕くらいになると海外でもためらわずに牡蠣を食べる

f:id:temcee:20160516223701j:plain

イカをガーリックで炒めた感じのもの、簡素に見えるが非常においしいf:id:temcee:20160516223724j:plain

フルーツを煮たデザート。優しい甘さ。

夕食を終え店を出た僕たちはバスへ向かう。ストンはあくまで食事のために立ち寄った町であり、特に観光の予定はない。ちょっともの悲しい気もするが…

f:id:temcee:20160516223710j:plain

赤ちゃんがプラプラしてた、かわいい

f:id:temcee:20160516223645j:plain

派手さはないけど、のんびりした感じのよさげな町だった

ドゥブロヴニク

途中ボスニアヘルツェゴビナを一瞬経由しつつ、僕たちを乗せたバスはドゥブロヴニクへとたどり着いた。ここが旅の終着点。ジョジョ3部でいうエジプト。

f:id:temcee:20160516224311j:plain

f:id:temcee:20160516224507j:plain

ホテル ドゥブロヴニクパレスは今回の旅で最高ランクの☆☆☆☆☆ もう二度と泊まることは無いクラスかもf:id:temcee:20160516224509j:plain

流石に部屋は綺麗

f:id:temcee:20160516224518j:plain

洗面所も綺麗だ、水回りはまぁまぁ

快適な部屋と綺麗な夜景を見ながら僕と嫁さんは明日への期待を膨らませる。明日は最後にして最大の見どころであるドゥブロヴニク観光。まだ旅の思い出を振り返るのは早い。僕たちは明日を夢見ながら、眠りについた。

 

 この旅の写真はE-PM2で撮ってます。

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN mini E-PM2 レンズキット ホワイト E-PM2 LKIT WHT

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN mini E-PM2 レンズキット ホワイト E-PM2 LKIT WHT

 

 次回はこちら

temcee.hatenablog.com