読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WICの中から

機構設計者が株式投資や育児に奮闘するblog

首都圏では車は不用?シエンタが来て1か月が経った。

 シエンタくん生後1か月

我が家にシエンタくんが来て一ヶ月くらいたった。愛知製鋼の爆発により予定より半月ほど遅れての納車となったが、モノ自体に問題は無く快適にドライビングさせていただいている。荷物も沢山乗るしシエンタくんに決めてよかったよ。

temcee.hatenablog.com

さて、 首都圏では公共交通網が発展しているから不用、維持費がかかるだけの負債などと言われることが多い昨今であるけど、本当にそうなのか。都内ではないけど、神奈川の限りなく東京に近いところに住む僕の視点で車を所有するということについて語ってみたい。

 

メリット

まずはメリット

  • 好きな時に乗れる
  • 電車に比べて小回りが利く
  • 荷物を載せられる
  • 車内はプライベートな空間
  • ステータス(笑)

僕が感じるメリットとしてはこんなところかな。

私有するということで、お酒さえ入ってなければ始発終電などなく、いつでもどこにでも乗っていけるのがやはり大きい。また、荷物を載せられる車内は完全プライベート空間、歌でもひとつ歌いたいようなイイ気分になっても存分に歌うことができる。

デメリット

 次にデメリット

  • 車体価格が高い
  • 維持費も高い(駐車場に車両保険、車検など)
  • ガソリン代も高い(原油安で今はマシ)
  • 到着時刻がよめない
  • 運転に集中する必要がある

 色々書いたけれど、一番大きいデメリットはやっぱりお金関係だ。とにかく出費がかさむ。車体価格が高いのはもとより、首都圏となると駐車場にも諭吉先生の出動が余儀なくされる。田園風景広がる僕の家周辺でも駐車場を借りると1万はやはり超えている。車はやはり金食い虫だ。

また、電車と違うのは道路状況によって到着時刻がよめないこと。ナビが大体の時刻を教えてくれるけど、渋滞に長く囚われているとどんどん下方修正がくる。まるでどこかのクソ株だ。

もちろん運転中は事故をおこさないように細心の注意を払う必要がある。電車の中では本を読んだりついったーやったりと空き時間として有効利用できるけど、運転しているとそれはできない。

 コストパフォーマンスは低い

 世間一般でいわれているように、首都圏ではコストパフォーマンスの面で電車やバスに劣っているのは間違いない。

車があることで時間を節約できることはある。首都圏の電車は新宿や東京などのデカイ駅を通じていろんな線に乗り換えるため、地図上では遠回りとなることが珍しくない。車だと、そういうときでも直線で目的地に行くことができる。

ただ、そうした時間の節約を僕の時給でお金に換算しても、月々の維持費分も賄えないだろう。

カーシェアでいいのでは

シェアリングエコノミーという言葉が出てきて久しい。今はいたるところでタイムズとかがカーシェアをやっている。年会費を少しはらい、あとは利用したい時に利用するだけ。非常に賢い車の使い方だ。使用頻度が旅行の時くらいならレンタカーでもいい。首都圏において車は必需品ではない。わざわざ車を所有するなんて贅沢のキワミだ、ある条件さえなければね。

それでも所有する理由

上記を読んでいただければ、僕の車に関するスタンスは読み取っていただけるだろう。僕は車がそんなに好きではない。ただそれでも購入に踏み切ったのは、子供のためだ。

ウチの子はまだ外にでて云々する月齢じゃない。しかし何も問題なければそのうちベビーカーに乗って色々お出かけすることになるだろう。悲しくも当然のハナシ、電車においてベビーカーというのは、あまりいい顔をされるものではない。子供がグズればなおさらだ。

これは乗客の心の余裕の問題でもあるけれど、今すぐ首都圏の住民すべてに民度を授けるなんてたいそうなことは、僕にはできない。現代はストレス社会、僕でも混雑した電車内に小さい子供が乗ってくると「う~ん…」てなるし、そんな電車に乗る子供も可哀そうだ。

そんなわけで僕はベビーカーが誰の邪魔にもならず、泣き声出そうとも嫌な目で見られることがないプライベート空間を手にするためにシエンタくんを購入した。ついでに、万一のときに病院に行くときとかも役に立つしね。

Joie ジョイー チャイルドシート バリアント ピンク 38506
 

 

コストと見合ってないかもしれないが、こういった精神衛生に関わるモノには多少のお金を使ってもいいかなという価値観を僕は持っている。お金は使わなければただの紙・数字。お金に囚われることなく、自分の生活を理想に近づけるために使っていきたい。

カーシェアは小さい子供ダメ

最後に、カーシェアは小さい子供がいる場合は使えないと考えた方がいい。今は6歳以下の子供はチャイルドシート必須で、シェア用の車にそんなものはついてないので自分用意する必要がある。これを毎回取り付けて、返す時にはずして…というのはあまりに面倒で大仕事だ。チャイルドシートは結構でかいので、家に常時おいてスペースを取られるのもどうかと思う。

逆に言うとこの辺りをカーシェアの会社がなんとかしてくれれば、カーシェアはこれからも伸びていく分野だと思う。自動車会社各社にとってはあまりいいことではないけれど、生活費の上昇に一般人の給料が追い付いていってないのでしょうがない。個人の努力不足と言われればそうかもしれないけど、出生率増やしたいならなんとかしてくれよなー頼むよー。