読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WICの中から

機構設計者が株式投資や育児に奮闘するblog

FXのポジションを全精算した

表題の通り。僕はドル売り円買いと円売り豪ドル買いのポジションを精算した。

豪ドルはずっと持っておこうかなー、と思いながら買ってたものだけど、昔に比べてずいぶん金利も落ちたし、最近の環境からすると資源国の厳しさはまだまだ続きそうだしなーってことで一旦解除する事にした。僕はFX取引はレバレッジをほぼかけない、手軽に売買できる外貨預金みたいなものとして使っている。相場がまた荒れた時とかに買うかもしれない。しかし資源がガンガン必要になるのはいつになるかねー、規模的にはインドかインドネシアあたりの人口多い国が、ちょっと前の中国みたいに盛り上がらないとダメかもわからんね。

そしてドル売りの方、これは今年の地合いの悪さとマイナス金利の盛り上がりの刹那さにびびって保険的に取っておいたポジションだ。いわば自分の心の弱さが生み出したポジ。幸いというかやはりというか、じわじわと下げて来たので豪ドルのついでに利確。円高傾向は、この円高が輸出企業の業績を直撃する事でさらに加速するんじゃないかなと考えている。ただ、昔に比べて輸出企業も円高に対する免疫が出来ているからリーマン後ほど酷いことにはならないでしょ…ならないよね?

為替は英国のEU離脱問題で揺れるユーロあたりが値動き的には面白くなってくるのでは、と思うけどそういう考えでの売買は僕の趣味ではない。しばらくはキャッシュ多めに持っておいて、精神的な余裕も持っておきたい。お金は精神安定剤、諭吉は精神科医。最近はちょいと仕事が繁忙期なのもあって、ちょいと投資に関してはきちんと見られない日が続きそうだ。